年金

今さら聞けない国民年金の仕組み。保険料の免除ってなに?

10月 29, 2019

国民年金

年金は老後にもらえるもの、となんとなく認識している人は多いですが、そもそも年金の種類や具体的な受給額を把握できている人って、あまりいなかったりしますよね。

ここでは、会社員じゃなくても、日本国民なら必ず入る国民年金について解説します。

  • 国民年金ってどういう仕組みなの?
  • 保険料払ってない期間があるのだけど、その場合は将来どうなるの?
  • 金銭的に苦しいのですが免除制度ってあるのですか?

こんな疑問を解消できればと思います。

国民年金とは

国民年金は、国の社会保障制度の一つで、20歳以降、国に一定の保険料を納めることで、国民の万が一に備え、一定の給付を支援するものです。

誰もが知っている老後の年金のほか、障害を負った場合や、死亡により遺族の生活を手助けするための制度があります。

国民年金の加入対象者(条件)

日本に居住している「20歳以上60歳未満」の方であれば、すべて国民年金の加入者となります。

これは自分の意思に関係なく強制加入の制度です。

20歳を過ぎたら毎月保険料を納めなくてはなりません。

会社に勤めると、厚生年金として(国民年金を含めて)、保険料を納めることになります。

また、会社員の扶養に入っている方も、国民年金の加入者となります。

これを国では3つに分けています。

第1号被保険者

20歳以上60歳未満の、自営業・フリーランス、農業従事者、フリーター、学生など

第2号被保険者

会社員(65歳以上で老齢年金を受給する人を除きます。)

第3号被保険者

20歳以上60歳未満の会社員の扶養に入っている人年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は、第1号被保険者となります。

国民年金の保険料

保険料の金額

1ヶ月あたり16,410円です。(令和元年度現在)

保険料の前納

先の分までまとめて前納すると、一定の率が割り引かれます。

前納は、半年、1年、2年の単位で行うことが可能です。

2年分を前納すると、2年間でおよそ1.5万円分がお得になります。

まとめて支払う余裕がある方には、2年分の前納がオススメです。

更に、少しでも抑えたい方であれば、口座振替払いがよりお得です。

  • 現金・クレジットカード払い(割引額:14,520円)
  • 口座振替(割引額:15,760円)

保険料の支払い方法

前述でも少し触れましたが、3種類から選択できます。

  • 口座振替払い(早割、前納)
  • 納付書による支払い
  • クレジットカード払い(前納)

口座振替払いは通常より一ヶ月早く支払って50円安くなる「早割」と、一定期間分をまとめて支払うことで割引が適用される「前納」があり、こちらがお得であると推奨されています。

納付書による支払いは、コンビニなどからでもご自身のタイミングで支払うことができます。

クレジットカードからの支払いも可能です。継続的に支払い設定されるので楽です。

前納にしてクレジットカード払いも可能ですが、割引率は口座振替払いの方が高くなります。

但し、お使いのカードによっては、カードのポイントが貯まるため、そちらの方が得という方もいるでしょう。

国民年金の保険料免除・納付猶予

国民年金の保険料は、一部の人には支払いが免除、もしくは納付が猶予される制度が存在します。

対象となるケースは以下のとおりです。

  • 失業や収入ダウンによる生活困窮者
  • 学生
  • 配偶者から暴力(DV)を受けた方
  • 産前産後の妊婦

所得に応じて、保険料の支払いが、全額免除・3/4免除・1/2免除(2/4免除)・1/4免除の4パターンに別れて適用されます。

また、学生であれば、支払いを社会人になるまで猶予してもらえます。

尚、ここで注意ですが、免除や猶予と言っても、支払わなければ結局老後の年金が減少してしまうので、払える時には払った方が良いと言えます。

「産前産後」の国民年金保険料免除のみが例外で、その免除期間分も老後の年金に反映されます。

*詳しくは後日更新します。

国民年金の給付の種類

国民年金の種類は3つあります。

  • 老齢基礎年金
  • 障害基礎年金
  • 遺族基礎年金

関連記事で詳細を解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事老後2000万問題|私は年金いくらもらえるの?【増やす方法チェック】
関連記事3分でわかる障害年金|対象者や支給金額を解説
関連記事3分でわかる遺族年金|誰がいくらもらえるのか受給金額など解説

まとめ

国民年金の仕組みと保険料の支払いなどについてまとめてきました。年金の種類ごとに、給付時の内容は確認してみてください。

ここまでのポイントを整理しましょう。

  • 国民年金は老後保障だけじゃなかった
  • 国民年金には割引制度があった
  • 国民年金は所得に応じて免除制度があった

老後の漠然とした不安を解消するためにも、しっかり年金のことは覚えていきましょう。

おすすめ
老後2000万問題。私は年金いくらもらえるの?【増やす方法あり】
老後2000万問題|私は年金いくらもらえるの?増やす方法まで正しく理解して備えよう

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Shahot編集部 【監修】鈴木社会保険労務士事務所

Shahot編集部です。 わかりづらいことが多い社会保障制度。誰でもわかりやすく、使いやすくなるような情報を発信します。 社会保障の専門家である社会保険労務士が記事を監修しています。 [→Shahotとは

-年金
-,

Copyright© Shahot , 2020 All Rights Reserved.